電波銀河 IC 310 の中心巨大ブラックホール近傍で起きた超高エネルギーガンマ線爆発現象を観測しました

11月 20th, 2014

物理学科の西嶋恭司教授、櫛田淳子准教授、大学院生の小谷一仁さんが所属する10カ国160名からなる国際共同研究チーム(MAGIC)は、地球から2.6億光年離れたペルセウス座銀河団にある電波銀河IC 310の中心で起きた超高エネルギーガンマ線の巨大爆発現象を観測し、日本を含む6カ国で同時記者発表を行ないました。この爆発現象において観測された超高エネルギーガンマ線放射の激しく速い時間変動は、中心の超巨大ブラックホールの大きさから理論的に推定される時間変動よりはるかに速く、これまでの理論モデルでは説明できない新しい発見です。グループは、高速回転する強い磁場を持ったブラックホールの極付近の非常に狭い領域で粒子が加速され超高エネルギーガンマ線が放射されるという新しいモデルを提案しました。今後、謎の多いブラックホール近傍の物理現象の解明に弾みがつくものと期待されます。

発表雑誌: Science Express 11月6日
論文タイトル:Black hole lightning due to particle acceleration at subhorizon scales
著者:The MAGIC Collaboration, J.Aleksic et al.

10.1126/science.1256183

東大宇宙線研究所からのプレスリリース:

http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/2014/11/10140000.html

20141120fig3

IC 310の中心の超巨大ブラックホール近傍における 超高エネルギーガンマ線放射メカニズムの模式図 (The MAGIC collaboration 提供)

 

 

東海大学同窓会 第14回ホームカミングデー

10月 28th, 2014

東海大学同窓会 第14回ホームカミングデー

【日 時】 2014年11月3日(祝・月) 午前10:00~午後4:00

【会 場】 東海大学 湘南キャンパス

物理学科では、コムスクエア2階の理学部展示ブースで

スーパーカミオカンデの特集をします.

ぜひお越しください。

 

ホームカミングデー

http://www.kouyu.tokai.ac.jp/dousoukai/hcd/index.html

 

P1000462a

 

 

物理学科同窓会総会開催

10月 19th, 2014

2014年度東海大学理学部物理学科同窓会総会開催のお知らせ

ホームカミングデーのお知らせに同封させていただきましたように,物理学科同窓会では,下記の通り2014年度同窓会総会を開催します。万障お繰り合わせの上、久方ぶりに在学中のことを思い出していただきたく御参加下さいますよう御案内申し上げます。

2014年度物理学科同窓会総会

日時:11日月3日(月・祝) 11 :30~12:30
場所:東海大学湘南校舎18号館6階
議題:
1. 理学部および物理学科50周年について
2. 物理学科同窓会ホームページの活用について
3. その他
*次の新同窓会サイトに18号館の校舎内地図を掲載しております。
http://www.u-tokaispd.org

物理学科同窓会会長 八木原 晋
同事務局長     藤城 武彦

卒業研究・修士論文中間発表会がおこなわれました

7月 26th, 2014

7月23日に理学部物理学科の4年生,修士2年生の卒業研究・修士論文中間発表会がおこなわれました。

卒業論文のタイトル(抜粋)

色素増感型太陽光励起ファイバーレーザー
半導体励起アルカリレーザー(DPAL)の自然対流冷却
ガンマ線連星系 PSR B1259-63/LS2883の流体シミュレーション~密度分布、異方性の影響~
近赤外3色同時観測によるホットジュピターの大気観測
宇宙線気球実験GAPS搭載に向けた冷却装置OHPの開発~可視化による挙動の確認~
ツイッター構造をもつイオン液体は水溶液中でどのようにふるまうのか?
誘電分光法によるデキストランDMSO溶液の分子ダイナミクス
ポリマー溶液を用いた熱非平衡下での拡散現象
ソレー効果から考える洗濯のり主成分の水溶液物性
誘電分光法を用いた多糖類と不凍水の分子ダイナミクス解析
初期宇宙のレプトン非対称性とダーク放射
MeVダークマターの質量制限と有効ニュートリノ数
Geant4を用いたがん治療の放射線シミュレーション
核医学用ガンマ線検出器への応用を考えた光検出器MPPCの基礎実験
1-propanol水溶液の分子ダイナミクス
Poly(vinyl pyrrolidone)と水分子の衝突~ガラス転移と協同運動~
誘電分光法を用いたゼラチン水溶液の水のダイナミクス
純水の氷の誘電緩和の再現性
Poly(vinyl methyl ether)水溶液を用いた協同運動性に関する研究
Androidスマートフォンにおける物理量測定
広帯域光源を用いたシングルモードファイバーの分散測定に関する研究
オーロラ粒子の加速機構
核融合周辺プラズマ計測のための高性能質量分析器の開発
色一等級図と進化モデルの比較による球状星団NGC2419のBlue Stragglarの同定
μ粒子の寿命測定とFe,Pb原子核の捕獲確率の推定
Fermi衛星による矮小楕円銀河からのダークマター起源ガンマ線の探索
色一等級図と進化モデルの比較による散開星団M44の年齢推定
BSアンテナを用いた電波望遠鏡の開発
音速を実感できる教材の開発 ~散水ホースを用いた音速測定~
水の器の測定 ~油の器との比較~
核子と中間子の形状因子について
原子核の安定性と崩壊
原子核の質量公式と結合エネルギーのパラメーター化
グラフェンによるフェムト秒第2次高調波の発生
He-La細胞の時間領域計測と有限要素法による測定電極の解析
誘電分光法による脂質ペプチド系ヒドロゲル化剤の動的挙動と構造化の仕組み
誘電分光法によるリポソームおよびその凝集構造変化の解析
行列による素粒子変化の記述
中赤外光源を用いたホルムアルデヒドの吸収分光に関する研究


DSC00708a

DSC00714a
DSC00712a
DSC00716a
DSC00705a

 
 

理学部物理学科の場所が変わりました。

7月 26th, 2014

昨年度まで物理学科は湘南校舎5号館に多くの研究室がありましたが,今年度から新校舎18号館5階6階に移動しました。

訪問される方はお気をつけください。

 

http://www.75th.tokai.ac.jp/newfacility/

 

0726-18